屋根瓦・壁(サイディング)工事

現在使用の屋根材を外し、下地をメンテナンスして新しい屋根材に替えます。
大分の建長は、瓦を全部替える工事以外も、瓦が割れている場所だけを入れ替える補修工事、今お使いの瓦を並びかえる葺き直しも行っております。
屋根の経年劣化により、瓦のわれやズレから屋根の耐久性が落ち、建物にもダメージを与えてしまします。
雨漏りをしだすと柱や梁にも劣化がおよび、補修に多大な金額がかかることもあります。
そうならない為にも、屋根の葺き替え工事を行いましょう。

屋根の葺き替えによるメリット

粘土瓦(陶器瓦) 50~100年 粘土を混練、成形、焼成した屋根材の総称です。
長所としては、耐久性に優れており、外的な要因で壊れず、定期的なメンテナンス(漆喰、締直し等)をしていれば50年から100年は持つと言われています。 短所としては、材料費が高く、漆喰等の手間が掛かるため全体として工事価格が高いとされ、材料が重いので建物に掛かる負担が大きく地震に弱いと言われています。
瓦表面の釉薬がガラス質になっているため、水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態を保て、メンテナンスの必要がありません。形は様々で、J形(和形)、F形(平板)、S形等があり、家の形状に合わせて使い分けられます。また、釉薬を替えることにより、色やツヤの出し方を変えることも出来ます。
粘土瓦(いぶし瓦) 50~100年 陶器瓦と同様粘土瓦の一種です。陶器瓦と同様形は様々で、J形、F形、S形等があり、特にJ形が多く本葺き瓦(J形の前身)も多く使われています。日本建築のお城や社寺の屋根に多く使われ、深い味わいを醸し出しています。ただ、表面の炭素膜が年月の経過と共に剥がれ落ち、変色していきます。また、水が浸透しやすく塩分を含んだ水(海水等)による塩害、寒さによる凍害等が起きることがあります。
セメント瓦 20年 厚型スレートまたは、コンクリート瓦とも言われ、その名の通りセメントと砂を主原料としたもので、表面処理(塗装)をして使われます。以前は和形の生産が多かったのですが、いまは洋形(F形やS形等)が増えています。塗料で着色するので、どんな色にもすることが出来、家の形や壁の色に合わせて変えることが出来ます。ただ、経年により変色、脱色がおき、数年ごとにメンテナンス(塗装)が必要となります。
スレート瓦
(コロニアル・カラーベスト)
20年 天然のスレートと人造のスレートがあり、一般には人造のスレートが普及しています。人造のスレートは、セメントと繊維性のものを主原料としたもので、セメント瓦同様表面処理(塗装)をしてあるものを使います。以前は繊維性のものとして、アスベスト(石綿)を原料としていたものが多かったのですが、近年は、環境・保険問題等によって無石綿化になっています。陶器瓦やいぶし瓦と比べ、重量が軽いことから、プレハブ住宅に多く採用されていますが、平たいスレートの場合、屋根地(木材)部分の通気性が悪く、木材の腐食や劣化をまねくことがあります。

サイディング


外壁に貼る板状の外装材のことです。メリットとして、耐火性、耐久性に優れています。
サイディングの種類はセメント(窯業)系、セラミック系、金属系サイディングなどがあり、費用もあまりかからずデザインも種類は多いので、今多く使われています。
サイディングのメリット
サイディングのメリット
セメント(窯業)
サイディング
7年 一般的に使われる外装材で、住宅に高級感がでます。
木質
サイディング
7年 断熱性に優れた外装材で木の呼吸を遮らず、日本の風土に適したサイディング材です。
金属
サイディング
10年 デザイン性・耐久性に優れた表面材と、断熱性・防火性に優れた裏打材で出来ています。